野田動物病院 小机本院

住所
神奈川県 横浜市 港北区 小机町 451

電話
045-473-3224

診療時間

平日・土曜日
09:00~12:00 13:00~19:00

日曜日・祝日
09:00~12:00 13:00~18:00

アクセス

求人情報

求人

院長の飼育日記 [鳥類 Vol.1]

ルリコンゴウインコ(ブルーハーマー)

分布:パナマ東部からアマゾン川流域、アルゼンチン北部チリ

飼い易さ:★★★★

愛称:ルリチャン

1995年4月に生後3ヶ月で病院にやってきました。ルリコンゴウインコはワシントン条約(サイテス)のⅡ類で、輸入は難しく、繁殖個体で足輪がついたものでないと移入できません。ルリチャンはハワイで繁殖した繁殖個体です。

コンゴウインコは人によく慣れますが、やはり面倒をみてくれる飼主が一番大好きで、好きな人と嫌いな人がかなりはっきりする性格のようです。

幼鳥のころは、肩にとまって一緒にご飯を食べ、夜になるとベットで院長の上に止まり寝ていました。いたずらも大好きで、メガネのフレームやボールペンを硬いくちばしで何度壊されたことか・・・

でも、とてもさみしがりやで、人が見えなくなると大きな声で鳴いて呼びます。ちょっとした言葉も覚えるので、院長のことをパパ、パパといって追っかけるかわいい子です。

コンゴウインコの寿命は50歳ぐらいといわれています。ルリチャンは現在20歳になりましたが、院長のよきパートナーとして、肩に止まり院長とともに出勤。医局の片隅の止まり木でスタッフに時々ちょっかいを出しながらみんなの仕事を見守ってくれています。

閉院近くの時間になるとそわそわしだし、帰るよ!というそぶり。

大好きなのはひまわりのタネ。本当はいけないのでしょうが、院長の白いご飯もときどき頂戴しています。

体重は1000g。つめもよく伸びるので、1ヶ月に一回は、つめきりをしないと、肩などに止まらせるとつめが食いこみます。つめきりも慣れるとこのように一人ですることができます。


院長、切って下さい


あ~ またのびたなー


爪きりどこだ?

院長それは・・・猫用の爪きりでは!


伸びた爪


爪を切っている様子