野田動物病院 小机本院

住所
神奈川県 横浜市 港北区 小机町 451

電話
045-473-3224

診療時間

平日・土曜日
09:00~12:00 13:00~19:00

日曜日・祝日
09:00~12:00 13:00~18:00

アクセス

求人情報

求人

糖尿病

糖尿病とは

血糖値を下げる作用を持つ唯一のホルモンがインスリンですが、その分泌あるいは作用が低下し、高血糖、尿糖排出などの症状を示す疾患です。糖の代謝のみならず、脂質やたんぱく質の代謝にも障害をきたします。その結果全身の主要な臓器に障害を引き起こすこととなり、しばしば重篤な合併症を伴うことがあります

症状

多飲、多尿、多食、体重の減少、白内障、膀胱炎、夜尿、などが認められる。症状が進んだ場合脱水、食欲不振などもみられます。重度のケトアシドーシスを伴うと昏睡に陥り、重篤なものは死にいたります。

診断

血液検査、尿検査

治療方法

一般的な臨床症状が軽減されるまで血糖値を食べ物、運動などでコントロールすることもありますが、改善が見られない場合や重度な場合はインスリン療法による血糖値のコントロールが必要になります。

飼主の方に知っておいてほしいこと

特に猫においては、食物の内容と量および運動量などの生活習慣を改善させてあげることが必要です。糖尿病は重篤になるとエネルギー源が必要であるにもかかわらず、グルコースを利用することができないために、エネルギー源としてたんぱく質や脂肪を分解するようになります。これによって代謝性アシドーシスを生じ、さらに毒素であるケトンの蓄積が起こりケトアシドーシスといわれる状態になります。これは非常に危険な状態になることがあるため糖尿病は早期に発見してあげることが重要です

以下のような症状が見られたら注意してください。

・肥満
・多食
・多飲、多尿
・食欲亢進にもかかわらず体重減少

「家庭の獣医学」へ戻る