当院について

院内のご紹介



エントランス
エントランス

受付
受付

待合室
待合室

トリム
トリム・鍼灸室

検査室
染色検査室

治療室
治療室

医療機器のご紹介

DR

最新のデジタルレントゲンユニットです。特に骨関節疾患や循環器疾患、呼吸器疾患の診断に有用です。


CT

2021年に新たに導入された、80列CT検査機器です。以前の機器と比較して5倍のスピードで検査可能になりました。当院では無麻酔CT検査も積極的に行なっています。

エコー機器

2021年にアップグレードしました。ハイエンドの機器になり、以前よりさらに病気の検出率が上がりました。腹腔内腫瘤、生殖器疾患、泌尿器疾患、肝疾患、消化器疾患などで効果を発揮します。

プロサイト

最新の血球自動計算器です。炎症や感染、貧血などを検出できます。フローサイトメトリー法によって精度の高い検査が可能になりました。

カタリスト

最新の血液生化学的検査機器で、血糖値や腎臓、肝臓の異常などを検出できます。SDMA、CRPも測定可能です。

内分泌検査機

T4、fT4、コルチゾール、TBAの値を測定できます。猫の甲状腺機能亢進症、犬のクッシング症候群などの検査に活用されます。

ハンドスリット

眼内の様子を簡易的に検査できる機械です。角膜潰瘍、内眼炎(ブドウ膜炎)、緑内障などの診断に活用されます。

トノペン

眼圧を測定する機器です、緑内障や内眼炎(ブドウ膜炎)を疑う症例で使用します。

スリットランプ

ハンドスリットよりも詳細な検査が必要なときに使用します。角膜内皮や水晶体の状態なども詳細に把握できます。

眼底カメラ

眼球の最深部、網膜の状態を確認する機械です。失明や視力が落ちたとき、ブドウ膜炎の原因を探るときなどに活躍し、網膜の変性、萎縮、剥離などを検出できます。

デジタル耳鏡

普段あまり見られない、耳の中の状態を診るために用います。撮影機能もあり、大きな画面でオーナー様と一緒に耳の中を確認できます。

心電図計

不整脈などを検出するために用います。循環器疾患、電解質異常などが疑われる症例で活用されます。

尿検査機器

泌尿器系疾患の診断に重要な機械です。尿比重、尿pH、尿糖などを検査できます。

スタッフのご紹介

伊藤 寿雄

院長
日本大学

古平 晶子

獣医師
北里大学

佐々木 睦

獣医師
宮崎大学

櫻井 直哉

獣医師
北里大学

鈴木 修平

獣医師
北里大学

吉田 哲也

獣医師
山口大学

種村 柊

獣医師
帯広畜産大学

古瀬 聖羅

獣医師
北里大学

三宅 里花

獣医師
山口大学

石崎 史乃

看護師長
ヤマザキ動物専門学校

藤原 房代

動物看護師
ヤマザキ動物専門学校

粟屋 直子

動物看護師
ヤマザキ動物専門学校

長瀧 真澄

動物看護師
ヤマザキ動物専門学校

柳田 愛

動物看護師
ヤマザキ動物専門学校

田村 研一

動物看護師
ヤマザキ動物専門学校

南 慶

動物看護師
日本大学

遠藤 栞

動物看護師
ヤマザキ動物専門学校

大栄 里菜

動物看護師
シモゾノ学園国際動物専門学校

橋爪 萌香

動物看護師
日本獣医生命科学大学

山﨑 萌衣

動物看護師
ヤマザキ動物専門学校

お問い合わせフォームはこちら