家庭の獣医学

慢性腎臓病

慢性腎臓病とは

慢性腎臓病とは、3ヶ月以上続く腎臓の機能低下を指します。高齢の動物に多い疾患で、特にネコに多く認められます。 数ヶ月から数年の経過で腎機能の障害が進行し、腎不全へと移行していきます。腎臓は、血液を濾過して体内に必要な物質を再び吸収する一方で、不要な老廃物を尿として排泄する働きを持ちます。 その機能が低下することで、体に必要な蛋白質や電解質が失われたり、老廃物が体に貯まって体調を崩してしまったりします。

症状

多飲、多尿、食欲不振、体重の減少、嘔吐、下痢、貧血、脱水、歯肉炎など

診断

血液検査、尿検査、X線検査、超音波検査

治療方法

ダメージを受けた腎臓の組織において、一旦失われた細胞の機能は元に戻りません。残された部分をできる限り長く維持することを目標とします。 尿毒症毒素を排泄するための微粒活性炭の投与、胃炎、電解質異常などある場合それに対する対症療法、さらには食事療法など、それぞれに応じた治療が必要になります。

飼主の方に知っておいてほしいこと

症状は腎臓の機能が75%以上も失われて、初めて出てきます。つまり、「あれ、おかしいな」と思ったときには、すでに腎機能の悪化はかなり進んでいるわけです。 腎疾患は高齢でよく見られるので、ある程度の年齢になったら定期的に血液検査や尿検査を行ないましょう。 近年、今までの血液検査よりも早期に腎臓の異常を検出できる血液検査が利用可能になりました。 早期に発見することで、治療の選択肢は大きく広がります。詳しくは病院スタッフまでご相談ください。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは

通常犬の膣粘膜のpHは酸性で、子宮内へ細菌が侵入しにくいようになっています。しかし、性ホルモンのバランスが崩れると細菌が侵入しやすくなります。 子宮内に細菌感染が起きると、子宮の中に膿汁がたまり、子宮蓄膿症となります。若い年齢でも発症しますが、6、7歳頃からの発症が多く、特に出産を経験していない場合や、 出産の経験があっても長期間出産していない場合になりやすいとされています。また、発情終了後、数週間から2ヶ月の間の発症が多いとされています

症状

多飲、多尿、食欲不振、嘔吐、脱水、腹部の膨満、発熱、陰部の腫脹、おりものなど

診断

一般身体検査、血液検査、X線検査、超音波検査

治療方法

内科的な治療法と外科的な治療法がありますが、内科的な治療法の場合、改善するまで時間がかかること、改善しても再発する可能性が高いことなどから、 特別な事情がない限り外科的な治療法、すなわち子宮卵巣摘出術が最善の治療法となります。

飼主の方に知っておいてほしいこと

子宮蓄膿症は放っておくと、死に至ってしまう病気です。常日頃から体調のチェックをしておくよう心掛けましょう。また、若い時期に避妊手術をしておくことが、最も効果的な予防法となります。

注意すべき症状

・最近定期的な発情が見られず、陰部の腫脹が常に続いている。
・元気や食欲が無く、お水をたくさん飲み、おしっこをたくさんする。
・陰部からおりものが出る。
・最近発情が終わったばかりなのに、また出血が始まった。
・発情期の出血ではあるが、鮮血ではなく、濁ったようなどす黒い血液が出る。

糖尿病

糖尿病とは

血糖値を下げる作用を持つ唯一のホルモンがインスリンですが、その分泌あるいは作用が低下し、持続性の高血糖を示す疾患です。病態が進行すると、 糖の代謝のみならず脂質やたんぱく質の代謝にも障害をきたします。その結果全身の主要な臓器に障害を引き起こすこととなり、しばしば重篤な合併症を伴うことがあります

症状

多飲、多尿、多食、体重の減少、白内障、膀胱炎、夜尿、などが認められます。症状が進んだ場合、脱水や食欲不振などもみられます。重度のケトアシドーシスを伴うと昏睡に陥り、重篤な場合は死に至ります。

診断

血液検査、尿検査

治療方法

一般的な臨床症状が軽減されるまで血糖値を食べ物、運動などでコントロールすることもありますが、改善が見られない場合や重度な場合はインスリン療法による血糖値のコントロールが必要になります。

飼主の方に知っておいてほしいこと

特に猫においては、食物の内容と量および運動量などの生活習慣を改善させてあげることが必要です。糖尿病は重篤になるとエネルギー源が必要であるにもかかわらず、 グルコースを利用することができないために、エネルギー源としてたんぱく質や脂肪を分解するようになります。これによって代謝性アシドーシスを生じ、 さらに毒素であるケトン体の蓄積が起こりケトアシドーシスといわれる状態になります。これは非常に危険な状態になることがあるため糖尿病は早期に発見してあげることが重要です。